Get Adobe Flash player

個人用防護具(PPE)とは

個人用防護具 personal protective equipment: PPE

医療現場においては、人に危険な病原体の曝露により健康な医療従事者が重大な疾患に感染してしまうという痛ましい報告が後を絶たちません。血液や湿 性生体物質から医療従事者を守るために、スタンダードプリコーション(標準予防策)の実施率を高めることは大変重要です。そのためには針刺し切創防止のた めの安全対策器材の使用と、血液または湿性生体物質に触れる可能性がある場合の個人用防護具(personal protective equipment:PPE)の使用を徹底しなければなりません。
主なPPE としてガウン、手袋、マスク、キャップ、エプロン、シューカバー、フェイスシールド、ゴーグルなどがあります。
米 国Centers for Disease control and Prevention(CDC)は、1996 年の隔離予防策のガイドラインにおいて、「病原体と宿主因子はコントロールが困難であるので、微生物移動の阻止は感染経路に向けられるべきである」として います。したがって、感染経路を遮断するための有効な手段がPPE であり、いかに適切に使用するかが大切です。

ガウン、エプロン、その他の保護衣

血液や湿性生体物質が、飛散してくる可能性がある場合に着用します。液体が浸透しない素材のガウンまたはプラスチック製のエプロンを着用すべきです。また、多剤耐性菌に関連する処置においても同様のガウンを着用すべきであり、できれば単回使用(ディスポーザブル)のものが望ましいでしょう。リユースできる素材を選択する場合には、熱水洗濯もしくは次亜塩素酸ナトリウムに浸漬可能な素材のものを選びます。

ガウンは、長袖で袖口の締まったもので、医療従事者の皮膚をなるべく広範囲に覆うことができる形態のものが推奨されます。

手袋

感染性物質に触れる場合には、ゴムまたはプラスチック製の手袋を着用します。手袋を脱いだときには必ず手指消毒を行います。手袋の着用は手洗いの代用にはなりません。手が生体の創や無菌の領域に触れる場合には、滅菌手袋を着用しなければなりません。

マスク、ゴーグル、フェイスシールド

マスクは、患者からの飛沫がある場合に使用します。目や鼻や口への汚染を防ぐ場合には、フェイスシールドの着用が推奨されます。結核菌に対しては、N95 マスクを着用すべきです。
その他の飛沫感染防止にはサージカルマスクが望ましいでしょう。サージカルマスクは5μm より大きい飛沫粒子を防護できる性能を有しています。対応する肺結核患者がサージカルマスクを着用していない場合にはスタッフはN95マスクを着用しなければなりません。

キャップ、シューカバー

キャップは、髪の毛が汚染される可能性のある場合に着用します。一方では、髪の毛が落下しないよう、手術室などの清潔領域の環境汚染防止のために着用します。
シューカバーは、自身の足が汚染されることを防止するために着用します。したがって、清潔領域に入る場合に一律的に履物交換及びシューカバーの着用を推奨するものではありません。