Get Adobe Flash player

サイト内検索

職業感染 針刺しの脅威

はじめに

 職業感染制御研究会による針刺し切創サーベイランスツール(エピネット日本版)の開発と普及がすすんでおり、2010 年現在,エピネット日本版は国内の約1,200 の病院等で利用されている。
 そこで、全国エイズ拠点病院より1996 年度~2010 年度に収集されたエピネット日本版A(針刺し・切創報告書)のデータ(51,000 件)を集約データベース化し、Episys201 の集計機能や「見える化君」等を利用して解析した。そこで、集計・解析した結果を1996 年度~1999 年度、2000年度~2003年度、2004年度~2008 年度、2009 年度~2010年度の4 時期で比較し、経時的な状況変化を報告する。さらに、同上の施設で2004 年度(229 施設)、2008 年度(112 施設)、2010 年度(75 施設)にアンケート調査した内容も一部附記する。

Ⅰ.JES2011(2009 年度-2010 年度) のまとめと1996 年度-2010 年度の動向

  • JES2011 は81 病院が参加、分析可能なデータは、2009 年度は2,769 件/ 年/73 施設、2010 年度は2,986 件/ 年/76 施設、合計5,756 件であった。
  • 大学病院が34 施設、大学病院以外が47 施設であった。
  • jes2011参加施設

  • 受傷者の職種は看護師が半数(52.0%)、医師が3分の1(34.6%) を占める。
  • 報告全体に占める看護師の割合が減少傾向(54.9%(JES2009) → 52.0%(JES2011))、医師の割合が増加傾向(32.7 → 34.6%) にある。
  • jes2011受傷者の職種

  • 発生場所は、病室(32.0%)、手術室(27.1%)、病室外(10.1%) ので全体の7 割を占める。全体病室(33.8 → 32.0%)・病室外(12.4 → 10.1%) の針刺しの割合が減少傾向、手術部の割合が増加傾向(24.1 → 27.1%) にある。
  • jes2011発生場所

  • 感染症確定患者におけるHCV 陽性血液に曝露は18.6%(5 人に1 人)。13 年前に比し、報告事例におけるHCV 陽性血液曝露が占める割合が、年々減少している。
  • jes2011HCV陽性血液

  • 針刺しの発生状況では、使用中が最も多く(26.9%)、廃棄容器関連の受傷(15.4)、数段階処置中(11.1%)、使用後廃棄まで(8.9%) の順となっている。リキャップによる受傷が全体に占める割合は8.8% である。
  • jes2011針刺しの発生状況

  • 「リキャップ」「使用後廃棄まで」による針刺しが全体に占める割合は減少傾向が続いており、使用前、器材の分解、廃棄容器関連の針刺しの割合が増加傾向である。
  • 針刺し原因器材は、注射針、縫合針、翼状針、静脈留置針が4 大原因器材である。
  • jes2011針刺し原因器材

  • 翼状針は減少傾向にあり、静脈留置針も近年減少傾向に転化している。
  • jes2011翼状針

    jes2011静脈留置針

  • 手術部の割合の増加とともに縫合針による報告事例も増加している。薬剤充填式注射針(インスリン関連)による針刺しも増加傾向にある。特に薬剤充填針8.1%のうちインシュリン目的で使用された針が7.3% であった。これは安全装置つき器材の未普及と流通量の増加によるものと考えられる。日本では、2012 年5月時点で、1社からペン型注入器用安全機能付きインシュリン注射針が販売されているが、その器材の臨床使用評価が待たれるところである。
  • 翼状針による受傷の87.8% は安全器材による針刺し、静脈留置針による受傷の41.6% は安全器材による受傷である。

 

注2)調査結果の限界
  • 集計された事例は、曝露事例の一部
  • 各病院において、未報告事例や報告されてもエピネット日本版に入力していない事例があると考えられる。
  • この集計は度数の集計であり、リスク分析ではない。
注)JES2011 の概要
  • 目的:血液媒介病原体による病院感染・職業感染予防を目的として、
  • 日本の針刺し切創事例等の発生動向を把握
  • 針刺し切創の発生リスク要因の解明と予防策の提案
  • サーベイランス参加病院でのデータや経験を交流する素地を形成
  • 方法
    1. 企画・実施:職業感染制御研究会・エピネット日本版サーベイランスワーキンググループ(JESWG、ジェスウオグ)
    2. 2009 年07 月:エピネット日本版全国サーベイランス(JES2009) 参加病院の募集 117 病院が文書で参 加表明、JES2009 の結果の公開( 第26 回総会、HP 上等)
    3. 2011 年08 月:JES2009 参加114 施設にJES2011 および施設調査への参加依頼 84 施設がJES2011 に参加意向有りと回答。
    4. 2011 年12 月までにエピネット日本版A、B( Episys201A&B)による データ提供78 施設、データ数計23,701 件(過去データを含む)
    5. 2011 年12 月?データクリーニング、分析、参加施設へのフィードバック実施 ・ 2012 年02 月成果の公表・評価、職業感染制御研究会HP へアップ
  • 倫理審査 JESWG メンバー所属の(財団法人労働科学研究所倫理委員会)で審査(2009 年4 月承認)

 

Ⅱ.アンケート調査概説

  • 100稼動病床数あたりの針刺し件数およびHCV 針刺し割合各々の平均値を比較した。
    1. 針刺し件数においては、2004 年度は大学病院で8.2 件、大学病院以外で5.3 件、2010 年度は前者7.9 件、後者5.3 件であり、どちらの年度でも大学病院と大学病院以外で有意差がみられた(P <0.01)。
    2. また、HCV 針刺し割合においても、2004 年度は大学病院で23.1 件、大学病院以外で16.9 件、2010 年度は前者21.5 件、後者13.7 件で、どちらの年度でも大学病院と大学病院以外で有意差が みられた(P < 0.01)
    3. 単なる針刺し数の比較ではなく、針刺し報告率の指標として用いられるHCV 陽性の針刺し割合を用いて、一定の条件をそろえた比較も試みた。

    100稼動病床数あたり針刺し件数およびHCV針刺し割合各々の平均値の比較

  • 2010 年度の調査施設全体の針刺し発生率を、職種別針刺し発生率(特定職種A の年間針刺し件数/特定職種A の常勤換算職員数× 100)でみると、最も高い職種は研修医であり9.7 件、次に医師4.1 件、看護師3.5 件、臨床検査技師3.0 件であった。
  • 職種別針刺し発生頻度

  • 安全器材導入状況 は2004 年度、2008 年度、2010 年度と経年経過を見ると、ほぼ全種類の器材導入が増加傾向にある。翼状針98.7%、静脈留置針96.0% を筆頭に、ランセット、血液ガス、閉鎖式輸液システムが多い。また近年、シリンジ採血の需要に応じた血液分注器の導入が著しく増加傾向を示している。
  • 安全器材導入状況

  • 器材別10 万本使用器材あたりの針刺し発生頻度(特定器材A による年間針刺し件数/ 特定器材Aの年間使用本数× 100,000)について、安全器材導入が最も多かった翼状針と静脈留置針が各々10.0 件、4.3 件と開きがあった。この差はどこに問題があるのか、安全器材の有無に関わらず器材の問題点を検討するためには、今後針刺し時の報告の際、器材の商品名も報告項目に加える必要があるかもしれない。
  • 器材別10万本使用器材あたりの針刺し発生頻度

まとめ

  • 今回JESWG で収集した経年的エピネットデータと施設調査とをコラボし、比較・分析したことにより、針刺し・切創の現状がさらに具体的になり、個別的課題もあきらかになった。今後、HPや各種発表の場を通して、詳細な針刺し防止対策の提言をしていく予定である。
  • 安全器材導入状況 は2004 年度、2008 年度、2010 年度と経年経過を見ると、ほぼ全種類の器材導入が増加傾向にある。翼状針98.7%、静脈留置針96.0% を筆頭に、ランセット、血液ガス、閉鎖式輸液システムが多い。また近年、シリンジ採血の需要に応じた血液分注器の導入が著しく増加傾向を示している。 器材別10 万本使用器材あたりの針刺し発生頻度(特定器材A による年間針刺し件数/ 特定器材Aの年間使用本数× 100,000)について、安全器材導入が最も多かった翼状針と静脈留置針が各々 10.0 件、4.3 件と開きがあった。この差はどこに問題があるのか、安全器材の有無に関わらず器材の問題点を検討するためには、今後針刺し時の報告の際、器材の商品名も報告項目に加える必要があるかもしれない。

エピネットサーベイランス2011 ワーキンググループ

                                   
 網中眞由美 国立感染症研究所 細菌第二部第一室
 木戸内 清 岐阜県東濃保健所
 黒須 一見 財団法人 東京都保健医療公社荏原病院
 満田 年宏 公立大学法人 横浜市立大学附属病院
 森澤 雄司 自治医科大学附属病院
 森澤 雄司 自治医科大学附属病院
 吉川 徹 公益財団法人 労働科学研究所
 李 宗子 神戸大学医学部附属病院
 和田 耕治 北里大学医学部公衆衛生学