Get Adobe Flash player

サイト内検索

手袋の選び方・使い方

Ⅰ. 手袋の役割

 手袋は、医療現場で最も頻繁に使用される個人用防護具(Personal Protective Equipment: PPE)です。手袋は、医療従事者の手指を血液や体液など感染性物質による汚染から守り、また医療従事者の手指から患者へ微生物の伝播を防ぐ役割を果たします。
 手袋が医療従事者の針刺しによる血液由来病原体(HIV、HBV、HCV など)の伝播をどの程度防ぐことができるかは不明です。手袋は中空針や縫合針の外部表面にある血液量を46 ~ 86% 減少させることができますが1、中空針の場合、内筒に残った血液は手袋の影響を受けないため、伝播リスクにおける手袋の効果は不明です2。針刺しによって伝播する血液量に影響する因子は、針のサイズと針刺しの深度が影響することがわかっています1, 3

Ⅱ. 手袋の装着が必要な場面

 職業感染防止の立場から米国労働安全衛生庁(Occupational Safety and Health Administration:OSHA)や米国疾病管理予防センター(Centers for Disease Control and Prevention: CDC)は、血液、他の感染性物質、粘膜、創のある皮膚に触れることが予想される場合に手袋を装着することを推奨しています2,4
 また、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)や多剤耐性緑膿菌(MDRP)といった多剤耐性菌やクロストリジウム・ディフィシルなど接触感染によって伝播 する病原体を保有する患者のケアを行う場合も手袋は必要となります2
 標準予防策、接触予防策における手袋を使用すべき場面と手袋の交換が必要な場面を表1にまとめました。

表1. 標準予防策、接触予防策における手袋の使用と交換のタイミング
 手袋を使用すべき場面
① 血液や体液、粘膜、創のある皮膚やその他の感染性のある物質に直接触れることが予想されるとき
② 便または尿失禁のある患者などの汚染されている可能性のある皮膚との接触が予想されるとき
③ 汚染しているまたは汚染が疑われる患者ケアの器具、環境表面に触れるとき
④ 接触感染によって伝播する病原体を保有する患者のケアを行うとき
 ④ -1 手袋は、病室に入室するときに装着
 ④ -2 患者に触れるとき
 ④ -3 患者周辺の環境表面や医療機器、ベッドレールなどの物品に触れるとき

 手袋交換のタイミング
① 患者ごと
② 同じ患者でも会陰部など汚染した体部位から顔などの清潔な体部位へ手を移動させるとき
③ 汚染したとき
④ 破損やバリア機能が損なわれたとき
注)手袋は引き続き再使用するために洗ってはいけません※
※手袋をしたまま手洗い、手指消毒しても微生物が手袋の表面から確実に除去されません5。
 また継続して手袋の完全な状態が保証できません。