Get Adobe Flash player

サイト内検索

輸液接続システム

( ニードルレスコネクタ、プラスチック針など)

 

リスク

 日本の医療現場で発生している中空針による針刺しの約2.7% は、静脈ライン接続または静脈ラインのインジェクションサイト( ゴム管・ゴム栓) に用いた針が原因である。静脈ラインへの接続等に針を用いると、医療従事者の針刺しが生ずるだけでなく、静脈内ポートで針が折れたり、静脈ポートから針を取り出す際に静脈ラインに意図しない接続離脱が起こったりすることがあり、いずれの場合患者にとって重篤な結果となる可能性がある。一般的に静脈ラインでは針刺し時に問題となるほどの量のウイルス量を伝播することは少ないとされる。しかし、米国でHIV に感染した看護師1 名は、患者の体近くのヘパリンロックに接続した間欠的静脈内投与による損傷が感染原因であり、この患者では静脈ラインへの血液の逆流が起こっていた。
また、輸液接続システムが患者に利用されている場合、ルート内部はダイレクトに患者の体内とつながっており、感染バリアが全くない状態である。適切な閉鎖式の輸液接続システムは感染管理の点からもその利用が推奨される。

対策

  • 輸液接続システムにおいて、可能な限り不要な針の使用を禁止する。
  • 鋭利器材を使わない輸液システムには、1) バルブ式アクセスポートおよびコネクター、2) 先端が鈍なカニューラが使用可能な隔壁をもったコネクター、3) 陥凹し保護された形状の針コネクターがある。器材の選択の際には、感染管理の視点を勘案し、既存の輸液システムとの適合性を評価して採用する。輸液システムに使用するパーツの数が少ないほど単純となり、システムの安全性が向上する。
  • 注射器に針をつけたものは静脈または動脈ラインからの採血に用いるべきではなく、代わりに針のついていない血管確保器材( 鈍カニューレ、弁システム) を用いる。
  • ヘパリンロック等の間欠的静脈内投与が必要な輸液システムの際にも不要な針の使用を禁止する。
  • 点滴ボトルへの薬液注入時などは、鋭利器材でないプラスチック針の利用を推奨する。プラスチック針は薬液のミキシング時にも利用できる。