Get Adobe Flash player

サイト内検索

縫合針

 

リスク

 本で報告されている針刺しの原因器材の第2 位は縫合針である。手術部の職員は病院の他の部署よりも過小報告が多いことから、縫合針による損傷の実際の頻度ははるかに高いものと推測される。縫合針による皮膚損傷は、針の使用後よりも患者への使用中や器材の受け渡し時に、針刺しが多発する点が特徴的である。エピネット日本版のデータによると48.5% が縫合中に発生し、針の手渡し時(20.4%)、または分解時(5.3%)、使用後から廃棄するまでの間(4.8%)に発生している。したがって、廃棄のみに焦点をあてた予防策よりも縫合中や使用途中の損傷を減少させる対策が効果的だろう。
縫合針による受傷者の職種は、医師が過半数で、あとは看護師である。したがって、縫合針を用いた医療行為を実施する使用者だけでなく、それを補助する作業者との共同作業における、予防対策を検討することが重要である。

対策

  • 縫合針を使わずにすむ外科的処理がないか検討し、不要な鋭利器材の使用を少なくする。たとえば、皮膚縫合に鋭利器材でない縫合テープを用いるなどである。
  • 皮膚損傷のリスクを減少させる鈍縫合針( 鈍針, blunt-end suture needle) を利用する。鈍針は医療従事者に皮膚損傷を起すほど鋭利ではないが、筋肉や筋膜など、内部組織を刺通する程度の鋭さがある。
  • 直接手で縫合針を扱わないハンドフリーテクニックを利用して縫合針のマウント等を行なう。
  • 縫合針の直接の手渡しを禁止し、ニュートラルゾーンを作る。
  • 器材の受け渡し時には、必ず声かけをするようルール作りをする。
  • 器材の受け渡し時には、必ず声かけをするようルール作りをする。
  • 研修医等、縫合針の取り扱いに慣れていない職員には、事前にトレーニングを実施する。
表示数 
タイトル
エチガード