Get Adobe Flash player

サイト内検索

飛沫予防策

飛沫予防策は、百日咳、インフルエンザ、髄膜炎菌などにおいて、医療従事者のサージカルマスク着用と、個室管理などが必要な病原体による感染症に対して行われます。患者が検査や処置などで病室外に出る際には、サージカルマスクを着用させます。個室のない場合はカーテンで仕切るか、同様の感染症患者を同室に集団隔離を行います。
飛沫予防策が適用される間隔は、髄膜炎菌感染症の伝播リスクが3 フィート(約1m)で有意にリスクが高い報告に準拠しています[18]。したがって、間隔については病原体や症状によっても異なる可能性もあり、それぞれのリスクを考慮する必要があります。
飛沫予防策においても、患者の体液などを介した感染もあることから、標準予防策の遵守が重要です。