Get Adobe Flash player

サイト内検索

調査の概要

【目的】血液媒介病原体は創のある皮膚や粘膜を介して感染することが知られています。我が国における血液・体液を介する皮膚・粘膜曝露の実態について、定型書式(エピネット日本版B)を用いたサーベイランスを実施している多施設の協力を得て、報告曝露事例を調査しました。
【方法】職業感染制御研究会エピネット日本版サーベイランスワーキンググループ(JESWG、ジェスウオグ)により、2009 年7 月に全国エイズ拠点病院377施設に郵送でJES への参加を依頼しました。JES への参加表明は116 施設で、エピネット日本版B(皮膚・粘膜曝露用、解析ソフトEpisysB105 ~ 109 による)データは46 施設(うち解析は34 施設)が提供しました。
【主な結果】過去5 年間の皮膚・粘膜曝露事例は916件(2004 年4 月1 日~ 2009 年3 月31 日)で、職種は看護師51.0%、医師36.4%が多く、発生場所は病室33.5%、手術部20.0%、特殊検査処置室7.5%、集中治療部7.4%、救急部門5.9%、病室5.9% 等でした。曝露した血液・体液は血液が74.0% でした。部位は眼62.2%が大多数を占め、創のない皮膚25.1%、創のある皮膚19.1%、口6.4%等の順でした。防備していない皮膚・粘膜に触れた事例が85.3% でした。多施設調査から重篤な曝露事例の特徴が明らかとなり、標準予防策の重要性が再確認されました。

謝辞:JES2009 に参加いただいた各病院・担当者の皆様に心より感謝申し上げます。