Get Adobe Flash player

サイト内検索

個人用防護具(PPE)とは

個人用防護具 personal protective equipment: PPE

医療現場においては、人に危険な病原体の曝露により健康な医療従事者が重大な疾患に感染してしまうという痛ましい報告が後を絶たちません。血液や湿 性生体物質から医療従事者を守るために、スタンダードプリコーション(標準予防策)の実施率を高めることは大変重要です。そのためには針刺し切創防止のた めの安全対策器材の使用と、血液または湿性生体物質に触れる可能性がある場合の個人用防護具(personal protective equipment:PPE)の使用を徹底しなければなりません。
主なPPE としてガウン、手袋、マスク、キャップ、エプロン、シューカバー、フェイスシールド、ゴーグルなどがあります。
米 国Centers for Disease control and Prevention(CDC)は、1996 年の隔離予防策のガイドラインにおいて、「病原体と宿主因子はコントロールが困難であるので、微生物移動の阻止は感染経路に向けられるべきである」として います。したがって、感染経路を遮断するための有効な手段がPPE であり、いかに適切に使用するかが大切です。