Get Adobe Flash player

サイト内検索

マスク、ゴーグル、フェイスシールド

マスクは、患者からの飛沫がある場合に使用します。目や鼻や口への汚染を防ぐ場合には、フェイスシールドの着用が推奨されます。結核菌に対しては、N95 マスクを着用すべきです。
その他の飛沫感染防止にはサージカルマスクが望ましいでしょう。サージカルマスクは5μm より大きい飛沫粒子を防護できる性能を有しています。対応する肺結核患者がサージカルマスクを着用していない場合にはスタッフはN95マスクを着用しなければなりません。