Get Adobe Flash player

サイト内検索

Ⅰ. PAPRの役割

タイトフィットルーズフィット

電動ファン付呼吸用保護具は英語名のPowered Air-Purifying Respirator を略してPAPR と呼ばれることもあります(以下、PAPRとする)。PAPRは代表的にはタイトフィット面体タイプ(呼吸用保護具が装着者の顔面に密着させる構造)やルーズフィットなフードタイプ(呼吸用保護具が装着者の顔面に密着しない構造)があります。付属のバッテリーにより電動ファンを稼働させ、吸い込む環境中の空気を高性能なフィルターでろ過して清浄な空気を供給するため呼吸がしやすくなっています。
一つ約3 万円~約20 万円程度です。結核病棟などで日常的に使用する場合やパンデミック時のように長期間にわたって使用する場合にはN95 マスクの頻回使用と比較するとコスト的にも劣らないと考えられます。
PAPR の利点は前述のように呼吸がしやすいため作業者への負担が少ないことの他にN95 マスクで必要とするフィットテストが一般的には不要なことです。
N95 マスクは装着者の呼吸によりフィルターでろ過した清浄な空気を吸気するもので吸気時にはN95 マスク内が常に陰圧になるため、顔とN95 マスクが十分にフィットしていないとフィルターを通っていない空気が漏れて入ってくる可能性があり感染リスクを高めます。しかしPAPR は電動ファンの送風量により面体内が陽圧となり、空気が漏れて入ってくることがなくなり安全が確保される呼吸用防護具です。
最近、日本では装着者の呼吸に追随するブレス・レスポンス方式の機能を有するPAPR が開発され、主流になりつつあります。この機能によりさらに呼吸が楽になるだけでなく、バッテリーの消費量が少なくなったため保護具の軽量小型化にも繋がりました。また、警報ランプが附属されたり、バッテリー仕様の多様性など技術革新が著しい保護具です。しかし、まだ、モーター音や見栄えなどの医療現場の使用を想定しての改良が求められます。
PAPR は粉じん職場などの産業現場ではすでに普及しつつありますが、医療機関においては、繰り返し使用する際に表面上の病原体をどのように取り除きメンテナンスしていくかということについてはまだまだ確立した方法はありません。現段階では表面をアルコールなどによって消毒することが考えられますが、フィルター部分についてはアルコールで拭き取るなどができないため、接触感染対策にも配慮が必要となります。
PAPR の規格は日本ではJIS、米国ではNIOSH が定めています。最近では規格の改正案が公表されましたが、国際規格としてはまだ確定しておらず、審議中です。また、日本では国家検定規格を制定する動きがありますが、まだ制定には至っていません。