Get Adobe Flash player

サイト内検索


表1. 標準予防策、接触予防策における手袋の使用と交換のタイミング
 手袋を使用すべき場面
① 血液や体液、粘膜、創のある皮膚やその他の感染性のある物質に直接触れることが予想されるとき
② 便または尿失禁のある患者などの汚染されている可能性のある皮膚との接触が予想されるとき
③ 汚染しているまたは汚染が疑われる患者ケアの器具、環境表面に触れるとき
④ 接触感染によって伝播する病原体を保有する患者のケアを行うとき
 ④ -1 手袋は、病室に入室するときに装着
 ④ -2 患者に触れるとき
 ④ -3 患者周辺の環境表面や医療機器、ベッドレールなどの物品に触れるとき

 手袋交換のタイミング
① 患者ごと
② 同じ患者でも会陰部など汚染した体部位から顔などの清潔な体部位へ手を移動させるとき
③ 汚染したとき
④ 破損やバリア機能が損なわれたとき
注)手袋は引き続き再使用するために洗ってはいけません※
※手袋をしたまま手洗い、手指消毒しても微生物が手袋の表面から確実に除去されません5。
 また継続して手袋の完全な状態が保証できません。