Get Adobe Flash player

サイト内検索

滅菌ガウンの適性使用ガイド


医療関連感染防止のために、ガウンに求められる機能に関する項目として、次のようなガイドラインがあります。

『濡れても滲みこまないで、手術野の清潔の保てる素材のガウンや覆布を使用する』
※「手術医療の実践ガイドライン」(日本手術医学会)
『処置中及び患者のケア中に、血液、体液、分泌物または排泄物との接触が予測されるときには、皮膚を保護し、衣服の汚れや汚染を予防するために、業務に適 しているガウンを着用する』※「隔離予防のためのガイドライン2007 年度版」(CDC)
CDC:Centers for Disease Control and prevention 米国疾病管理予防センター

手術用ガウンが手術中に感染に関わる要素として、次のことが挙げられます

 医療従事者(着用者)に対して 
●着用中に、ガウンの内側に液体が染みてしまう
 ⇒バリアー性の高いガウンほど、液体が浸透するリスクが小さくなります。

 患者さんに対して 
●医療従事者の汗が術野にさらされる
一般的に一日に出る汗の量は約0.5 リットルですが、運動や緊張等により、最大で10 倍程度の汗をかくことがあるといわれています。通常は水蒸気(粒径:約3×10-10m)となって発散されますが、量によっては水滴となり、感染の原因になる可能性が考えられます。
⇒バリアー性の高いガウンほど、汗が内側から術野に浸透するリスクが小さくなります。
⇒着用快適性の高いガウンを着用すれば、汗をかきにくくなります。

●ガウン自体から発生する繊維が術野にさらされる
⇒繊維が浮遊しづらい長繊維、低発塵性の素材を使用することで、リスクを低減することができます。

●医療従事者の皮膚落屑等が術野にさらされる
⇒皮膚落屑よりも目の細かい一般的な不織布ガウンを着用することで、リスクを最小にすることができます。

また、それぞれの手術における、術野の清潔度や感染リスクに応じたガウンを選定するのが望ましいといえます。その事例をいくつかご紹介します。

○創分類の清潔度が高い手術(整形外科、心臓外科、脳外科)は、交差感染にシビアである。
⇒低発塵性、高バリアのガウンを使用することで、感染のリスクを低減することができます。

○インプラント手術(人工骨頭、ペースメーカーなど)は、交差感染にシビアである。
⇒低発塵性、高バリアのガウンを使用することで、感染のリスクを低減することができます。

○手術時間が長い方が感染リスクが高い。
⇒高バリアのガウンを使用することで、感染のリスクを低減できます。

○感染性疾患(HIV、HCV など)患者の手術は、術者が曝露した際の感染リスクが高い。
⇒高バリアのガウンを使用することで、感染のリスクを低減できます。

○腹腔鏡下手術は、閉鎖系で行われており、腹膜を通過しているため、一般的に感染のリスクは少ない。
⇒汎用的な手術用ガウンで、感染のリスクを低減できます。

手術用ガウンに起因する感染を防ぐためには、用途に合わせたガウンの選定が必要であり、特にバリアー性が重要となります。
手術用ガウンのバリアー性を区分する基準として、AAMI による規格(PB70)があります。
AAMI:Association for the Advancement of Medical Instrumentation 米国医科器械振興会