Get Adobe Flash player

サイト内検索

補遺

  • 「針刺し事故」などの「事故」や「誤刺」には、受傷者の過失やミスの意味合いが色濃く含まれます。鋭利器材を使用する医療現場などでは、血液・体液曝露が発生することを前提とした対策が必要です。 本研究会では事象をそのまま表現する、「血液・体液曝露」、「針刺し・切創」、「接触曝露」などの表現を使用することを提案しています。
  • 啓発のためのビデオ“事例から学ぶ針刺し・切創,血液・体液曝露の脅威”について職業感染制御研究会では日本環境感染学会教育委員会と共同でを作成しました。本ビデオはYoutube から視聴することができます(©日本環境感染学会2010)