Get Adobe Flash player

サイト内検索

エピネット日本版とは

 エピネット日本版とは医療従事者の針刺し切創・血液体液曝露時の発生時にその状況を報告する際に使用する標準的な書式のことで、職業感染制御研究会が公開している。エピネット日本版の書式は、1991 年に米国バージニア大学 International HealthcareWorker Safety Center(1) のJanine Jagger 教授が開発した EPINet™( エピネット):Exposure Prevention Information Network をもとにして日本の実情を加味して作成されました。 オリジナルのEPINet™ は針刺し切創・血液体液曝露の予防に活用できる優れた報告書式として1,500 以上の米国の医療施設で導入され、さらにカナダ、イタリア、スペイン、日本、イギリス、台湾、韓国など世界各国で活用されている。
 職業感染制御研究会では、EPINet™ の使用に関して1997 年にバージニア大学とJanine Jagger 教授の承諾を得て、エピネット日本版( A:針刺し・切創報告書とB: 皮膚・粘膜汚染報告書)及びその集計・解析ソフトである「Episys(エピシス)」を作成し、順次公開してきました。現在、国内の様々な医療施設や機関での針刺し切創・血液体液曝露事例のサーベイランス実施時に活用されている。