Get Adobe Flash player

サイト内検索

Ⅰ. サージカルマスクの役割

サージカルマスクは、着用者が血液・体液由来の病原体飛沫に曝露するリスクを低減します。また、着用者の呼気中に含まれ排出される微生物から周囲の人を守ります。 米国では、食品医薬品局(FDA:Food & Drug Administration)が定めている医療機器クラス1又はクラス2で規定されているマスクのことをいいます1。 日本での国家検定は行われていませんが、いくつかの製品は米国の検定に合格しているものもあります。

サージカルマスクの性能を示す指標2

細菌ろ過効率 (BFE:Bacterial Filtration Efficiency)>98%
マスクによって細菌を含む4 ~ 5 μ m の粒子が除去された割合をパーセントで表し、着用者の咳やくしゃみの飛沫遮断性を示します。

微粒子ろ過効率 (PFE:Particle Filtration Efficiency)>98%
0.1μm のポリスチレン製ラテックス微粒子をマ スクに負荷し捕集された程度を測定し、マスクが 直径1μm 未満の粒子をろ過できる性能を表します。

液体防護性(ASTM F1862)
人工血液透過によるサージカルマスクの抵抗性標準試験法。

マスクの基布に対して、血圧に相当する80, 120,160 mmHg の圧力をかけた場合の人工血液の透過性を試験します。合格した圧力を記載します。 手術中、カテーテル検査、麻酔、透析の抜管時など、血管からマスクに直接血液が飛散するような場面を想定して作られた規格です。